御挨拶

御挨拶

この度、一般社団法人MINOREは、JKS(ジャパンコーシャサービス)と
業務提携し、ジャパンコシェル(コーシャ)認定サービスを運営する事となりました。

そのきっかけになったのがMINOREの代表・原 邦恵と長年の友人である
石堂由美さんです。
石堂さんはイスラエルに35年間在住されていました。
日本へ帰国されてから、イスラエル、中東の情報発信をされております。
その石堂さんの仲介で、ラビ(※)シュムエル・ヴィシェドスキーさんを知ることが
でき、合わせて、コシェル(コ-シャ)認証を知ることとなりました。

コシェル(コーシャ)フードとは、ユダヤ教徒が食べてもよいとされる「清浄な食品」
のことです。
ユダヤ教の聖典には食べてもよい食品、食べてはいけない食品が記されています。
ユダヤ教徒の人口は世界で1400万人ほどですが、欧米を中心とした市場では、
コシェル(コーシャ)認証マークのついた食品は、安全・安心・健康に良いといった
イメージが定着しています。
そのため高品質で安心でき、地球環境に配慮するなどとして注目され、10億人以上を
擁する欧米を中心にした「意識の高い」消費者が商品を選ぶ目安にしているのです。
そのため多くの世界的な食品メーカー等もコシェル(コーシャ)認証を取得しています。

私ども社団法人MINOREの、安心・安全な食をお届けしたいという理念と、コシェル
(コーシャ)認証により安心・安全な日本の食を世界中に届けたいというラビの思いを
一つにして、日本の企業の皆様にコシェル(コーシャ)について知っていただけるよう
活動してまいります。

社団法人MINOREは、日本の企業様とラビとの懸け橋となります。
不明な点やご相談事などお気軽にお問合せください。

(※)ラビとは、ユダヤ教の指導者のことです。
ラビによる厳格な審査に合格した食品に、コシェル(コーシャ)認証の
マークが与えられます。

一般社団法人MINORE
代表理事 原 邦恵

ジャパンコシェル(コ-シャ)認定サ-ビス


関西本社:
〒650-0002
兵庫県神戸市中央区北野町4-12-12
関西ユダヤ教会シナゴ-グ

http://japankosherservice.com

西日本エリア統括事務局(近畿・北陸・中四国・九州・沖縄):
〒739-2208
広島県東広島市河内町入野6207-2
一般社団法人MINORE
(いっぱんしゃだんほうじんみのれ)

http://www.ace-co.jp/blog



info@ace-co.jp

カテゴリー: 仕事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。